title
homecompany datachinahistorycopyright公開セミナー
sixsigmapidspcespqimiccm
tmqfdfmeatrizhoushinetc
     
 
FMEA/FTA
 
     
 
各手法の有効な使い方
 

 市場に製品を出荷した後の品質を確保するには,下記を全て実施することが必須です.その中で,FMEA/FTAはどこに有効かをご覧ください.

起因
対象
状態
品質確保の考え方
有効な手法等
設計
新技術
正常
予測できない不良現象の事前対策 Taguchi Methods
異常
お客の安全と財産を守る事前対策 設計FMEA/FTA
既存技術
正常
過去不具合の再発防止 設計標準,ノウハウ,等
異常
過去不具合の再発防止 設計標準,ノウハウ,等
部品
新規部品
正常
市場で大丈夫かどうかの認定評価 Taguchi Methods
異常
不良品の混入予防 部品品質保証体制
既存部品
異常
不良品の混入予防 部品品質保証体制
製造
新規工法,工程
正常
予測できない不良現象の事前対策 Taguchi Methods
異常
重大トラブルの事前対策 工程FMEA
既存工程
異常
過去不具合の再発防止 製造標準,マニュアル

 それぞれの手法には得意分野があり,その得意分野で手法を有効に活用することで,市場品質が事前に確保できるということです.

 色々な手法を有効に使っていないと(市場品質を確保する意識が少ないと),

  • お客が操作を誤った時にお客の財産を損なう現象発生→製品リコール,事業部解体?
  • 部品が壊れてしまった時にお客が死亡→製品リコール,社会問題
  • 工程内での異常による発火問題発生→製品リコール など

 損害金額は莫大になり,経営危機に落ち入ります.これらは全て,設計FMEA,工程FMEAを十分に行っていれば,事前に防げていた可能性が高いものです.

 
bottom

space

FMEA/FTAとは
 

 多くの情報(固有技術,経験,ノウハウなど)をもとに,徹底的に重点指向を行い,お客に与える損害が最小となるように,事前対策を行う手法です. 理論的背景はほとんどありません.ナレッジマネジメントの手法と言うこともできます.

FMEA(故障モード影響解析

Failure Mode and Effect Analysis) 製品(システム)を構成する部品などが故障した時に,どのような製品(システム)の不良現象になるかを整理し,影響の大きい不良現象を事前に排除することができる設計手法.

設計FMEAと工程FMEAがよく使われる.

FTA(故障の木解析

Fault Tree Analysis) 製品(システム)の不良現象から,その原因を逐次下位レベルに展開し,重要な原因が起こらないように事前対策を行うことができる設計手法

 
bottom

space

QFD_1
 

 導入時には色々な形をご用意できます.下記ファイルを参照ください.

pdficon fmea_fta.pdf(295KB)

 お困りな点,疑問などありましたら,お気軽にご連絡ください.

問合せ052-917-0711お問い合せ

 
bottom
 
   
 

| Webmasterへのメール |

Copyright© ITEQ International LTD. All Rights Reserved.
当Webサイトをご利用のお客様は,「著作権について」にご同意頂いたものとみなされます.

get acro